2018年12月3日 社会保障制度及び税制に関する要望書を厚生労働大臣に提出

平成30年11月30日(金)、衆・参議員会館の事務所並びに自由民主党本部を廻り、安倍総理大臣をはじめ、麻生財務大臣、社会保障関係の国会議員17名に対し、各議員の地元の受給者団体会長を含む陳情者14人が3グループ編成で、要望書を手交するとともに陳情要請を実施。

12月3日(月)、尾辻参議院議員(全年連顧問)を介して、厚生労働省において根本厚生労働大臣に面会し、要望書と署名簿(33万筆)を手交して年金受給者の生の声をお伝えしました。

根本厚生労働大臣に陳情要請

若杉会長が根本大臣に要望書を渡している写真

向かって右から真屋会長(東京)、木村会長(福島)、根本大臣、若杉会長、舩山会長(宮城)、柳樂常務理事

加藤自由民主党総務会長に陳情要請

加藤自由民主党総務会長に要望書を渡した時の写真

向かって右から真屋会長(東京)、出口会長(長崎)、平塚会長代行、加藤総務会長、黒川会長(岡山)

木下年金局長に陳情要請

木下年金局長に要望書を渡した時の写真

向かって右から木下年金局長、若杉会長