年金を受けるための資格期間が10年に短縮されます。ご自身の記録を確認しましょう

平成29年8月より、年金を受け取るために必要な期間(資格期間)が、現在の25年から10年に短縮されます。これまで、国の年金制度に加入した期間が25年に満たない人は年金を受けることができませんでしたが、8月1日以降、10年以上あれば年金を受けられるようになります。
この資格期間に入るのは、国民年金や厚生年金等の保険料を納めた期間のほか、保険料納付を免除された期間や合算対象期間(カラ期間)も含まれます。カラ期間には、次の①~③が含まれます。なお、カラ期間は資格期間には含まれますが、年金額の計算には算入されません。