TOP | 「静岡県年金協会連合会」とは? | 活動 | 特典 | 入会の手続き | 個人情報の取扱い協会の活動

平成30年度主要事業

 予定表


 

体育事業

グラウンド・ゴルフ県大会
  令和元年10月16日(水)島田市大井川川越広場島田市営グラウンドゴルフ競技場において、各協会から選抜された393名の選手により「協会創立50周年記念 第21回県連合会会長杯グラウンド・ゴルフ県大会」が開催されました。
下記の方々が上位の成績をおさめられました。(敬称略)

【総合優勝】 大崎 賢三 (島田協会)
【赤組】
・優 勝  大崎 賢三 (島田協会)
・準優勝    山田  稔 (島田協会)
・三 位  西山  昇 (富士協会)
【白組】
・優 勝  上床 勇夫(富士協会)
・準優勝  大平 征男(富士協会)
・三 位  松下 賢次(掛川協会)

 次回第22回県連会長杯大会は、県連創立50周年記念大会として令和2年10月13日(火)島田市営グラウンドゴルフ競技場(大井川川越広場)において開催の予定です。

       

       

◇ゲートボール県大会
平成30年9月27日(木)島田市「島田市営ゲートボール場」において、8協会から選抜された12チームの選手が参加して第34回ゲートボール県大会を実施いたしました。

 競技結果は、
・優勝   御殿場チーム(沼津協会)
・準優勝  焼津チーム(島田協会)
・三位   チーム菊川(掛川協会)

       

平成31年度のゲートボール県大会は、実施いたしませんでした。

その他、協会・支部により独自でウォーキング、ゴルフ、パークゴルフ、クロッケー、ターゲット・バードゴルフ、輪投げ等、スポーツを楽しむ会員が大勢おります。

 文化活動事業

囲碁・将棋県大会

 令和元年11月26日(火)島田市民総合施設「プラザおおるり」で協会創立50周年記念第15回囲碁・将棋県大会が開催されました。囲碁将棋それぞれ実力ランクによりABCの3クラスに分かれ、囲碁は八段から1級までの40選手が、将棋は六段から6級までの38選手が参加し、4局対戦で決戦の火蓋が切られました。結果は、次の方々が優勝され、晴れて表彰されました。(敬称略)

囲 碁

A クラス

B クラス

C クラス

伊 藤 鋭 一 八段
(掛川協会)

鬼 丸 哲 朗 四段
(島田協会)

宮 川 敬 三 二段
(富士協会)

 

将 棋

A クラス

B クラス

C クラス

相 羽   彰 三段
(掛川協会)

岡 本 康 夫 二段
(掛川協会)

勝 浦  久 
(掛川協会)

 

        

      

◇芸能県大会

各協会代表による第12回芸能県大会が、平成31年3月12日(火) 静岡市東部勤労者福祉センター「清水テルサ」で開催され、舞踊、合唱、独唱、詩吟と踊り、銭太鼓、社交ダンス、フラダンス、コミックダンス等、計27演目172名が出演、観客動員数約300名により盛大に開催されました。  第13回芸能県大会は、来る令和2年3月10日(火)「清水テルサ」において開催予定です。

    

  

 

 

社会貢献型生きがい対策事業

 県連合会では、社会貢献活動の一環として、地元のNPO法人「三保の松原・羽衣村」のご協力を得て、世界遺産である三保の松原清掃等事業を平成27年度から実施しています。30年度も、各協会が交代で毎月1~2回、松の根元に生えた雑草を抜いたり、枯れ松葉の除去作業を行っています。
 また、これ以外の奉仕活動として、沼津協会が、平成30年5月30日に沼津御用邸前島郷海岸清掃を、富士協会が、8月27日に富士山5合目登山道清掃を実施しました。

  

 

 

 陳情活動の実施

県連合会は、政治情勢等を充分注視し年金受給者の声をお届けすることの重要さを痛感しており、5年連続して署名活動を実施し、平成29年度も48,000名の署名を集めました。平成30年3月26日、全年連が行う国会陳情要請活動等とは別に、静岡県独自に県選出国会議員、厚生労働省に対して会員の皆様の声を届ける陳情要請活動を行い、厚生労働大臣宛て署名簿を厚生労働省年金局に提出しました。星屋県連合会長より「高齢者の生活の中で年金は重要なものである。そのような中、年金額引き下げ、消費税の引き上げ、諸物価の高騰など高齢者の生活を充分勘案していただきたい。」と要望しました。

 

 

TOP戻る