TOP | 当協会について | 会員特典 | 特約施設 | 主な事業 | 活動のようす | お知らせ


1GNJゴルフ親睦会県大会開かれる!!  平成30年11月7日

風が吹こうが雨が降ろうが、雪が降らない限りやる! そんな兵ぞろいが集い、第1回GNJゴルフ県大会が平成30年11月7日、伊香保國際カンツリークラブで開催されました。一昨年4月に北毛地区のゴルフ親睦会が発足し、県内全域を網羅するゴルフ親睦会が揃ったことにより、俄かに県大会の機運が盛り上がり、今回第1回の県大会が4地区(中毛、西毛、東毛、北毛)から参加した115名のゴルファーにより開催され、熱戦が繰り広げられました。榛名山を仰ぎ見ることはできませんが、自然の中でのびのびとプレーする会員(ゴルファー)の気力には、歳を感じさせないハツラツとした姿がありありました。そうした中、ネット70.8(グロス72)のスコアで上がった、飯塚春吉さんが栄えある第1回の優勝者となりました。表彰式の優勝者挨拶で、『まさか自分が優勝できるとは全く思っていなかった』と謙遜していましたが、いえいえ、エイジスコアを出すくらいの腕前は相当なものと感心させられました。なお、今回10位以内の成績上位者のうち、1位から7位までが西毛地区で独占となりました。次回以降、西毛地区以外の地区の皆様の活躍を期待します。今回実行委員として協力いただきました各地区の役員の方々には感謝申し上げます。 次回は第2回大会を本年11月7日に予定していますが、長く続けられるよう皆様のご参加とご協力をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 優 勝 飯塚春吉(西毛地区)
  • 準優勝 塚越弘己(西毛地区)
  • 第3位 阿部康雄(西毛地区)
  • 第4位 斎藤靖治(西毛地区)
  • 第5位 吉井康全(西毛地区)


16グラウンドゴルフ県大会   平成30年10月3日

平成30年10月3日(水)群馬県総合スポーツセンター「ふれあいグランド」で各支部(地区)選抜の364人が参加して、第16回グラウンドゴルフ県大会が開催されました。 台風24号が去った2日後、曇天ではありましたが、無風で競技には最高の状態で開催することができました。毎年後援していただいている日本年金機構の各年金事務所を代表して、前橋年金事務所長郡司文雄様に来賓のご挨拶をいただき、前橋地区の萩原清一さんの力強い選手宣誓により開会式を終え、競技に移っていきました。 競技開始の合図とともに、選手の皆さんは日頃の練習の成果をここ一番で発揮し、上位着を目指し24ホールを戦い抜きました。そうした中見事に優勝されたのは、驚異のスコア34で回られた太田地区の高橋義明さんでした。高橋さんは、大会始まって以来初めてのプラチナ賞(8ホール内で3回のホールインワン)も獲得し、選手・役員から大きな拍手でもって賞賛されました。参加された選手の皆さん、大変お疲れ様でした。大会を通して競技の進行にご協力いただきありがとうございました。事前準備から当日の競技運営までご協力をいただきました前橋地区役員の皆さん、また、各地区責任者の皆さん大変お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。ご協力感謝申し上げます。次回の第17回大会は、2019年10月2日(水)の予定です。

競技結果

  • 優 勝  高橋 義明 (太田)  34
  • 準優勝  小久保滋夫 (桐生)  46
  • 第3位  牛口 利男 (沼田)  46
  • 第4位  桜井  久 (前橋北) 47
  • 第5位  倉  健祐 (桐生)  47


36ゲートボール県大会    平成30年9月6日

平成30年9月6日(木)、4地区から19チーム103名が出場して、前橋市営ゲートボール場「幸始園」で第36回ゲートボール県大会が開催されました。 今回は、大型台風21号が9月4日に本州を通過するとの予報に、グラウンドコンディション等を勘案し、当初予定の9月5日を6日に順延して行なわれました。このため、5チームが欠場となったことから、若干寂しい大会となるかと思いましたが、各試合では熱い戦いが繰り広げられました。 予選リーグでは、6コートで激戦が繰り広げられ、各コートの上位1チームが準決勝リーグ、決勝戦に進みました。 決勝戦では、準決勝リーグを勝ちあがった1位のチーム、高崎支部の「よもぎチーム」と渋川支部の「ふれんどチーム」との戦いになり、緊迫した熱戦が繰り広げられ、接戦の末、「よもぎチーム」が優勝を飾りました。 今大会に参加された選手の皆さん、大変お疲れ様でした。 また、大会の運営に際し、ご協力いただきました群馬県ゲートボール協会の役員の方々に御礼申し上げます。次回の第37回大会は、2019年9月4日(水)の予定です。

競技結果

  • 優 勝 よ も ぎ    (高崎支部)
  • 第2位 ふれんど  (渋川支部)
  • 第3位 高崎西部   (高崎支部)
  • 第3位 榛名梨花   (高崎支部)


第7回ボウリング県大会 平成30年7月12日

平成30年7月12日、第7回ボウリング県大会が、前橋市のエメラルドボウルで群馬県ボウリング場協会と共催で開催されました。
出場選手は、各支部から36名が参加され熱戦を繰り広げました。
激戦を勝ち抜き見事優勝を飾ったのは、中村素子さんでした。中村さんはボウリング歴22年で、ご主人と週1回練習されているそうで、バトミントンも30歳からやっているというスポーツウーマン。おめでとうございました。
過去6回の大会のうち3回優勝(第2回、4回、6回大会)して、偶数回の女王と異名?をとる山田武子さん。今回は利き手を怪我してスコアーが伸びなかったと仰っていましたが、奇数回が鬼門だったかも。来年は第8回になりますので、本領発揮となりますか期待したいと思います。
今年は、ボーリング場協会のスタッフの発案で、表彰式は、お茶とお菓子が用意された会場で、和気あいあいの中で行なわれました。
全員に賞品が手渡され、それぞれが来年に向けた闘志を胸に大会は終了しました。

  • 優勝 中村 素子 605
  • 2位 田嶋  了 600
  • 3位 須賀 晴光 594
  • 4位 坂口 敬子 580
  • 5位 小池  裕 577
  • 6位 池田 友久 569
  • ※3ゲームハンデ戦